小さなこだわり2017/03/06

鉛筆の下描きのイラストをペンなぞる時、微妙にずれる時があります。


それは、線の太さや位置のズレ。

ほんの 0コンマ何ミリ で、自分にしかわからない事なんですが、

それだけで全然違った表情になってしまうんです。



そもそも、鉛筆の線がペンに変わるだけでも、

ぐっと印象は変わるのだから、

この微妙なズレは、私にとっては大きなズレになってしまう。。。



そんな時は あきらめて描き直すかな。



小さなイラストひとつであっても、

やっぱり納得いく仕事がしたいのです。





眠りプログラム

        つぼい鍼灸整骨院さま 「眠りプログラム」より(2017)

            ※ 本文とイラストとは関係ありません

コメント

トラックバック