白い人2017/08/29

夜 お風呂からあがって顔にパックをした途端、

夫から 「お迎え来てコール」 がありました。

う~ん。  今 パックしたばかりなのになあ・・・。



ま、でも 終電近くの時間やし、

暗いし、人もそんなに居ないだろうし。

よしっ!



そのまんまで車を走らせました。




うん大丈夫。 行ける行ける~。

駅の広場ではシートを倒して待機。

乗り込んできた酔っ払いの夫には、結構ウケてたし♪




でも、 もし あの日 あの時 あの夜に

運悪くコワイ思いをした人がいたら・・・・・



ゴメンナサイ。






白い人

                 暗闇に浮かぶ白い人



お抱え合唱団2017/08/24

すごく近いな。

どこで鳴いてるんやろ??

夜、コオロギの鳴き声が、まるで部屋の中からでもしてるかのように感じ、

声の元を辿ってみれば・・・・   

うちのベランダでした。



姿は見えねども、

ベランダに並べてる植木鉢のどこかで

気持ちよくコロコロ鳴いています。



わざわざ うちに秋を運んで来てくれたんやね。

周りにはいっぱい草むらがあるのにねえ・・・(笑)



実は、去年もベランダで鳴いていたので

もしかしたら、ここに卵を産んで

住みかにしているのかもしれません。。。




うちのベランダには、

どこから種が飛んでくるのか

タンポポが咲いたり、

ひっそりと


ネジバナ(ねじり草)が咲いたり、

ネジバナ(ねじり草)が


オニタビラコ?がぐんぐん勝手に成長してみたり

オニタビラコ?

の 何でも来いのベランダになってしまったからね・・・。

(ちゃんと手入れはしてるつもりなんだけどなあ?)



いいよいいよ。

お好きにどうぞ。



        (そう言えば・・・ 7/17(Blog)にもコオロギが)

お抱え合唱団


東京キャラバン in 京都・亀岡2017/08/22

劇作家・演出家・役者 の 野田秀樹さん発案による

国内外の多種多様のアーティストが「文化混流」することで

生まれる新しい表現。

そのパフォーマンスを各地で展開されているのですが、

2日間にわたって亀岡で公開ワークショップが開かれるというので

見に行ってきました。

(正直、内容などあまりよく分かってなく、ただの好奇心で・・・)


東京キャラバン in  京都・亀岡


9月2日・3日に 二条城でパフォーマンスをされるのですが、

その本番に向けての稽古・・・ 

つまり出来上がっていく様子を 

コの字に囲った観客席から見られるという、

びっくりで貴重な体験でした。

あの野田秀樹さんがすぐ目の前におられて、

役者さんやアーティストさんに指示を出しておられて、

私の横を何度も通って行かれます・・・。  




思わず食い入るように見ていたら、

もらったパンフレットとアンケート用の鉛筆を握って、

気が付いたら勝手に手が動いていました。

パンフレットに・・・
                    観客さん

稽古のスケッチ
              何度も稽古を中断してミーティング

パンフレットに・・・
                 振付師さんと役者さん


お芝居だけでなく、芸妓さんや舞妓さんの踊り や 祇園囃子、

和太鼓 ・ 津軽三味線  に 書道家さん・・・・

そうかと思えば、現代型ロボットの舞 まで出てきます。



日本の伝統芸能を早送りで見せてもらえる、この贅沢感。

ほんのちょっと見て帰るつもりが、

面白くて とうとう最後まで席を離れられなくなってしまったのです。

草履にも表情が
            ちょいと脱いでおかれた草履にも表情が
                  (踊りのお師匠さん)






そして、予定をキャンセルしてまで、

まさか2日目も通うとは 自分自身あきれるというか・・・。

(翌日はスケッチブックを持って!)

翌日はスケッチブックに
                    スタッフさん

                 スタンバイするカメラマン
           (たくさんのプレス関係者が来ておられました)


途中から、女優の松たかこさんも加わり、

現場の様子を見て確認されたり

ご自分のナレーションやお芝居をスタッフさんから指導を受けながら

徐々に皆の中に入っていかれました。

松たかこさん
        松さんのナレーションの声の聞きやすく美しいこと!
     
       
稽古を重ねる毎に完成されていくのが、素人の私にもわかるんです。

松さん、その都度 台本に色々書きこんでおられました。

台本に書きこむ松たかこさん


目の前には松たかこさん。  

あちらには 野田秀樹さん。   

すごいなコレ。

野田秀樹さんと松たかこさん


稽古中でさえ、

役者さん達のパワーがジンジン伝わってくるんだから

本番はかなりすごいものになる事は、容易に想像がつくのでした。




ものを創り出す、という意味では同業者。

ゼロから徐々に形あるものに仕上げていく、

このプロセスのワクワク感が止まりません。

予想もしてなかった違った刺激をいっぱいもらえた、

貴重な貴重な2日間となりました。



観客さん
                 観客さん あれやこれや

携帯を見る観客さん
     携帯見たり、稽古を見たり・・・あ~いそがしい  の おっちゃん



密かに成長2017/08/10

もう預かる事はないと思ってた亀ちゃんが、

また、来ました・・・・。



約一年ぶりに預かってみると、

片手で軽~く掴めてたのが、

なんと 手からすべって落ちそうになるくらい

大きくなっていたのです。




亀ちゃん、密かに成長していたのでした。




落とさないでね




暑いのキライ2017/08/05

この暑さで、朝から

体力も気力も半分持って行かれた感じ。



そんな私をあざ笑うかのように、

セミは  朝から元気いっぱい。




さて、今日もガンバロか。




金魚は優雅やね~

                金魚は優雅に涼しげに




ホンモノの・・・2017/08/02

オバカのようです、私。



お風呂上りに乳液を・・・

ホンモノの・・・


また メガネ外すの  忘れてた・・


小学校で講師2017/07/28

先日、キャリア教育の授業で

亀岡市立つつじヶ丘小学校6年生の講師をさせて頂いたのですが、

子供たちから その感想文が届きました。



読んでたら、

真剣に耳を傾けてくれてた子供たちの顔が浮かんできました。

本当にみんな真面目に

ノートを取ったり、質問してくれたりするんですよね。



みんなの将来の、何か小さなヒントになれたら嬉しいな。



生徒の皆さん、先生方、

こちらこそ、どうもありがとうございました。



子供たちから



「ほのぼの展」終わりました2017/07/24

銀座ミレージャギャラリーさんで展示をさせて頂きました「ほのぼの展」

本日で無事、終了いたしました。

残念ながら在廊はできなかったのですが、

暑い中、足を運んで頂きました皆さま、

どうもありがとうございました。


「ほのぼの展」終わりました



ほのぼの展の作品
                     展示風景






「羊水ぷかぷか」山口朝子
                   「羊水ぷかぷか」



「だっこだっこ」山口朝子
                   「だっこだっこ」



これが、6月3日のブログ に書いた父の額に入れた作品です。








ガラケーの使い方2017/07/12

歩道の上で突っ立ってる「若い女性」を追い抜きながらチラっと見たら、

おっとー   50~60代と思しき女性が、ガラケーで電話をしてる。

イヤ違う。

画面を見入ってるよ?



口角をキュッと上げてみたり、

歯を いーーっとしてみたり。




そっか。


ガラケーには、こんな使い方があったんや。


ガラケーの使い方



笑顔の練習だったのかな?

それとも

青のりついてないかのチェックだったのかも。





でも、歩道の真ん中で立ち止まったら・・・・  危ないよ~。