林明子 原画展2017/09/20

林明子さんの原画展は、

これが初めてではないのですが、

無理をしてでも、 今 このタイミングで

どうしても また見ておきたかったので、

先日、台風が来るというのに、雨の中をでかけてきました。

林明子 原画展




林さんの柔らかいタッチや色使いで

絵の隅々にまで息遣いが感じられ、

思わず抱きしめてあげたくなるような、無邪気な子供たち。

そのしぐさに涙が出そうになる場面さえあるんです。



絵が本当に「生きて」いるんですね。



悪天候のおかげで人出も少なく、

ゆっくりと鑑賞することができました。

外の天気とは裏腹に、心は満たされ暖かい気持ちになり、

描く意欲が戻ってきたのでした。


こんとあき のハンカチ



【余談】

ロビーに設置された 「こんとあき」 のパネルの前でカメラを構えてたら、

パネルの前でカメラを構えてたら・・・


どこかの男の子が 左からス~ッと入って来て、

一瞬立ち止まり、またすぐ右へス~ッと出て行ったのです。

(もちろん私など眼中になく)

その絶妙な立ち位置と言い、

まさに男の子が物語の中に溶け込んだ一瞬 でした。






ブリューゲル展2017/09/16

先日、ブリューゲルの 「バベルの塔」展 に 行ってきました。

原画の細部にわたるリアルな描き込みは、

想像してた以上でした。






原画の持つ迫力に改めて感動しながらも、

何年も経って、

自分の絵が、まさか3Dで解析されるとは、

ブリューゲルさんもびっくりだろうな、なんて思ったり。





有名なブリューゲル作品とは別に、

数々の不思議なモンスターの版画も、また目を引きました。

キャラクターたちは、現代作品と言っても全然違和感がありません。



会場には、大友克洋さんの「バベルの塔」のパネルや、

原画を拡大した複製画などで、

より楽しめる展示となっていました。




10月15日まで。



見えなくていいもの2017/09/15

老眼が進んで、アイメイクに苦労する今日この頃。

だって見えないんです、自分の顔の細部が。

メガネをかけてメイクを・・・ って

メガネが邪魔になってできないし。




そこで、「いいものがあるよ」 と 教えてもらって買いました。

10倍拡大鏡!


10倍の拡大鏡


これが、かなりの優れもので、

よく見えて見えて見え過ぎて、

見えなくていいもの(見たくなかったもの)まで しっかり見える、

実に 残酷極まりない鏡、だったのです。





自分の顔

知らない方が、私 幸せだったかも。。。



過保護の亀ちゃん2017/09/13

亀ちゃんを預かり、

今年も とうとう我家で暑い夏を越しました。



どうしても過保護にしてしまい、

甘えたさんになったかも。



いろんな運命背負った亀ちゃんとも、

もうすぐお別れです。




もうすぐお別れ
                   レタスもバリバリ



バッタの子2017/09/11

アトリエで机に向かってたら、

なんか視界にチョロチョロ動くものが。

顔を上げると、

窓に(窓の向こう側に)バッタの子が貼り付いていました。


バッタの子




アトリエの窓には色んなお客さんがやってきます。

空を泳ぐ虫

時には、こうして腹部をしっかり観察できることも。




なかなか退屈しないのですよ。

仕事の手は止まるけど。




ポスト2017/09/10

ご当地ポスト、見つけました。



ポストって、別に赤じゃないといけない 

という決まりは ないですもんね。


ポストもいろいろ


読了2017/09/07

予約なしで病院に行くと、待たされるのはお約束。

待合室


そんな時は読書タイムです。

読みかけの本が、ゆっくり読めると思って。



で、読了~。


今の政治を思いつつも

軽快にテンポ良く読めた本でした。

うん、なかなか面白かったなあ~。





パグ2017/09/01

我家に パグ が いました。






我家にパグが

                     ワンワン!



白い人2017/08/29

夜 お風呂からあがって顔にパックをした途端、

夫から 「お迎え来てコール」 がありました。

う~ん。  今 パックしたばかりなのになあ・・・。



ま、でも 終電近くの時間やし、

暗いし、人もそんなに居ないだろうし。

よしっ!



そのまんまで車を走らせました。




うん大丈夫。 行ける行ける~。

駅の広場ではシートを倒して待機。

乗り込んできた酔っ払いの夫には、結構ウケてたし♪




でも、 もし あの日 あの時 あの夜に

運悪くコワイ思いをした人がいたら・・・・・



ゴメンナサイ。






白い人

                 暗闇に浮かぶ白い人



山元麺蔵2017/08/26

京都には、テレビや雑誌やネットで紹介されることもあって、

行列の絶えないお店をよく見かけ、

を通る時は

賑やかに飛び交う色んな言語(日本語も含め)

耳に飛び込んできます。



入ってはみたいけど、あの行列を見ただけで戦意喪失。

京都にいながら、なんだかな~な気分を味わっていました。

(ま、いつでも行けるわ、と思ってしまって

 結局行かないのですが・・・。)



でも、展示会に行く前の腹ごしらえとして、

岡崎の人気のうどん屋さん・山元麺蔵(やまもとめんぞう)に

並んで入ってみることにしました。

山元麺蔵(やまもとめんぞう)



友達と4人で行列に挑むこと1時間半。

話すことは山ほどあるので、時間は苦にならないものの・・・・・   暑い!

ありがたいお茶のサービス

と、そこへ冷たいお茶のサービス。

これはありがたや~。
              


そして、これが 噂の 土ごぼう天うどん(920円)

土ごぼう天うどん


カリッと揚げたごぼう天は、カレー粉をつけて頂くのですが、

これが美味しく、

おうどんのお出汁も、

友達と一口すすって、思わずギョロ目を合わせてしまったくらい!

いいお味だったのです。



ただ・・・

ボリュームがありすぎて、お腹がポンポン。

サービスの杏仁豆腐

と 言いつつ、

サービスで出してもらった杏仁豆腐もペロリだったのですが。



お店の方が、超冷たいお手拭(2度目)を出して下さったり、

大混雑の中、笑顔で接客して下さるのが

人気店の秘密なのかな と 思ったりしながら、

お店を後にしたのでした。