それでもなお2020/08/04

水やりをしてたら、

ミニバラの固く閉じた小さなツボミ2つから、

これまた小さな小さな虫が ニョロッ と 姿を現しビックリ!
(むこうもビックリして糸を垂らして脱出!  素早い!)

よーく見たら、ツボミの中に入って食べてるやん。

可哀想に、穴があいてるし・・・。

薬を吹きかけたけど、時 すでに遅し。

せっかく咲こうとしてたのにね。



せめてもと、ハサミで切ってコップに差してやりました。

ツボミを食べられてもなお
   
                健気で可愛いミニバラ


しばらしくてから見てみると、あらまあ 開こうとしてるよ~。

こんなボロボロの姿になってもなお咲こうして、

小さな命の 大きなパワー を、感じずにはいられませんでした。





命日2020/07/30

母 「○○日は、朝ちゃんの 命日 やなあ」

私 「・・・・・・・・・・!?」

ふたりの目が合い、一瞬の沈黙の後、一緒に吹き出してしまいました。

私 「○○日は、私の命日なんや~」

母 「あぁあ・・・・  誕生日や、誕生日」

慌てて言い直す母。

気づいてくれて良かったよ~。



まあ、祖父が私の誕生日に亡くなってるので、

まんざら間違いでもないんだけどね。 でもねぇ。



母は、時々、やらかしてくれます(笑)






ラベンダー畑

  お花好きの母を、お花いっぱいのところに連れて行った時のラベンダー畑。

                しばらくは行けないかなあ・・・・



さし絵ライター2020/07/26

新聞の隅っこの、こんな小さな広告に目が留まりました。

さし絵ライター


昔々、こういう広告を目を皿のようにして探してた私がいました。

いまだに、こういうモノに反応してしまうとは・・・。



一番最初にそれを意識したのは、小学校低学年の頃。

本屋さんで、たまたま表紙に素敵な絵が描かれた本を見つけ、

それを胸に抱えて本屋のおばさんのところに駆け寄ると、

私は大きな声で(多分興奮してた) こう聞いたのです。


「こんな絵を描く人に、どうしたらなれますか!?」



その時、おばさんが何て答えたのか全然覚えてないのですが、

何かを大発見したような高揚感だけは、しっかりと体が覚えています。



何とかイラストレーターになりたい!

その思いは、何度か諦めようとしたものの、

ずっと消えることなく 次第にどんどん膨らんでいったんですよね。




どこから来たの?2020/07/23

実家の庭から持ってきた土の中に零余子(ムカゴ)が混じってたらしく、

放っておいても毎年ムカゴの葉っぱがワサワサと成長し、

勝手にムカゴができるので、その収穫をしていました。


ムカゴ
                ムカゴを採っていたら・・・



あれ? 葉っぱの群生の中のこれは・・・ 何?

ムカゴの葉っぱの群生の中から


硬くて先が尖ってて痛いこの葉っぱは、   ソテツ!?

何でそんなモノが、こんな所に??

もちろん、今まで育てたこともありません。

引っこ抜くと、根っこが立派に成長してるではないですか。



立派に成長したソテツ



ソテツなんかが、一体 どこからやって来たの?  うーん、謎すぎる。



増えすぎた植木を、少し片づけて整理しようとしてたところだったのに~

さらに増える?

かと言って、葉っぱの群生の中で育ったもんだから歪んでしまって、

それでも頑張って大きくなろうとしてる子を処分、できないよなあ。




取り合えず、余ってた鉢にお引越ししてあげました。

お尻から花を咲かせたり、うちに来る子はみんな自由気まま。

私に、似た?

やれやれ。。。


ひとまずお引越し
                     参ったな・・・
 


お尻から×32020/07/20

去年、ブルーサファイアが お尻から 「こんにちは」、

を して驚いたのですが・・・・


お尻から「こんにちは」



今年は、それが3つも!

お尻から3つも「こんにちは」

なんで、わざわざ こんな狭い穴から出てくるかなあ?



普通に上に出てくれば、ゆったり咲くスペースがあるのに。

上にはちゃんとスペースあるんだけどなあ




きっと、暗い土の中から 明るいお日さまを探し求めて出てきたんだよね?

ご苦労さんでした。


どうぞお好きなように咲いてくださいな




どうぞ、お好きなように咲いてくださいな。





社会の教科書2020/07/16

日本文教出版さま、

小学生社会科教科書(3年~6年)のイラスト50余点を

描かせていただきました。



社会科教科書(日本文教出版)



社会科教科書(日本文教出版)
                                  一部抜粋


口紅2020/07/11

運転免許の更新手続きに行こうと、

いつも通りヒョイとマスクだけして家を出かけて、 ハッ! と気がつきました。

証明写真を撮られるのに、私ったら ほぼスッピンやん。

マズイマズイ。



このところのマスク生活で、

顔が隠せることを良いことに、見えるとこだけメイクするので、

化粧品の減らないこと。(ありがたいけど)

特に口紅なんて、いつから塗ってないんやろ。

久し振りの口紅を引くと、

顔が少しだけ明るくなって、気持ちも不思議と上がります。

どうせなら、もうちょっと。

もうちょっと、かな。

あと、もうちょっと・・・。



調子に乗ってヌリヌリしてたら、口周りだけ濃い濃い顔になってしまいました。

ま、いっかー。

コロナの時の顔、といこうことで。





それは、もしかして・・・
 
            あの・・・   それは、もしかして・・・・・・



透明のビニール傘2020/07/07

体育館の入口の傘立てに、ビニール傘を忘れてきました。

3日も経ってるし、もう無いかもねえ。



最近は、

みんなと同じ透明のビニール傘を間違えないように(取られないように?)

自分だけの目印を付けたり、グッズまで出ていますね。

私も可愛いテープを巻いたりしてるんですが、

「すぐ戻ります」 とか 「これ汚れてるよ」 とか 「臭うよ」 

なんて書いて貼っておくのも面白いかも♪



その忘れてきた傘には紐がつけてありました。

さて、そんな傘を 人は持っていくものでしょうか?

大きいサイズだったので役には立つでしょうが、

コロナが叫ばれてる今、他人の傘に手が伸びるものなのかな?


そんなことを考えてたら、答えが知りたくなったというのか、

確かめてみたくなったというのか、興味が湧いてきたので、

買物に出かけたついでに体育館に寄ってみました。






あ、あった!

忘れてきた傘


ほぉ~ そうなのか。

妙に納得しながら、傘を連れて帰ってきたのですが、

それより何より 忘れないでよね、Mちゃん。




パンチングボール2020/07/04

これは何かというと・・・

パンチングボール

ボクシングの練習で使う パンチングボール、というもので、

こんな風に、ゴムの先についたゴムボールをパンチします。

パンチングボール


その練習をしていた夫を、じ~~っと眺める母。

あ、これは もしかして・・・・



「やってみたいの?」

「うん!」  (やっぱりか・・・)





夫に装着してもらうと、

ポーンポーンと楽しそうに無邪気にボールを叩く母。

その姿は、猫じゃらしで遊ぶ猫のよう。

人間はだんだんと子供に戻るって言うけど、ホントだな。



衰えてできなくなる事は確実に増えているものの、

母のこの好奇心だけは、一向に衰えないねえ。



91歳、パンチングボールで遊ぶ
               91歳、パンチングボールで遊ぶ



バフマスク2020/06/25

スポーツ時のマスクを、あれこれ試していました。


スキーの時のBuff(バフ)は、さすがに夏使うと暑く、

耳のひっかけもある冷感・夏用バフというのを買いました。

これも確かにヒヤッとするけど、呼吸時にしんどいなあと思っていたら、

友達が呼吸穴付きのバフがあるよと教えてくれたので、早速購入。


なかなかの優れもので、

自分で作ったモノを改良などしていたのですが、

もうもうお粗末すぎて、すでにお蔵入り。


すると今度は、また別の友達がバフを切って作るマスクを教えてくれたので、

早速作ってみました。

縫わないので、何とも簡単。

あっという間に、1枚のバフから3つ(M・M・Sサイズ)が出来上がりました。



私は人の知恵を借りてばかり。

みなさん、ありがとう。




バフマスク