原点2019/06/16

実家を片付けてたら、若き頃の母の日記が出てきました。
(母には記憶がないそうで、かなり驚いていました)

それは育児日記でもあり、初めての子どもである

姉(赤ちゃん)の寝顔がスケッチしてあるではないですかー。



日々発見の連続で、可愛くてたまらない様子が文面から伝わってきます。

今のように、気軽にスマホで写真なんて撮れる時代ではないので、

思わずスケッチしたんでしょうね。    初めて見る母のスケッチ。


それにしても、

こわいんですけど・・・
                  母が描いたスケッチ

こわいんですけど・・・・この顔。

自分でも、「いやになったわ。 大人の顔だわ」 と添え書きが。



若き頃の母の絵
                  母が描いたスケッチ


これは、「描いてる途中で動いたので、口がない」 そうです。



思えば、私も母と同じことをしていたのです。

子どもの寝顔を一体何枚スケッチしたことか。

それは、勉強になるからとか、腕を上げるためとかでは全くなく、

ただただ、この一瞬を描きとめておきたい一心で描いていた気がします。

きっと、若き頃の母も同じ気持ちだったんだろうなあ。



これが、結果的に私が赤ちゃんを描きだす原点だったのかもしれません。

赤ちゃんがいっぱい



コメント

トラックバック